新型コロナウイルス対策について

新型コロナワクチン接種がすんだ方もまだマスクが必要と言われています。

特に室内ではマスクの着用が必要で不織布マスクが浮遊する飛沫の吐き出し、吸い込みに一番予防効果があり、

ついで布マスク>ウレタンマスクの順番だそうです。フェイスシールドやマウスシールドのみでは小さな飛沫には効果がないと言われていいるとのことです。(理化学研究所、豊橋技術科学大、神戸大の解析による)

また飛沫の対策には換気が重要と考えられるとのことで、充分な対応が必要ですね。

当院の感染症対策実施について

当院は日本医師会が認める感染症対策実施医療機関として登録されており、以下の項目を実施して感染症予防に取り組んでいます。

職員に対して、サージカルマスクの着用、手指衛生を適切に実施しています。

職員に対して、毎日(朝、夕)の検温等の健康管理を適切に実施しています。

職員が身体の不調を訴えた場合に適切な対応を講じています。

患者さん、取引業者さんなどに対して、マスクの着用、手指衛生の適切な実施を指導しています。

発熱患者さんへの対応として、事前に電話の受診相談を行う、または対応できる医療機関へ紹介する等の対策を講じています。また、発熱患者さんを診察する場合には、時間的または空間的に動線を分けるなどの対策を講じています。

受付における感染予防策(遮蔽物の設置等)を講じています。

患者さんが一定の距離が保てるよう必要な措置を講じています。

共用部分、共有物等の消毒、換気等を適時、適切に実施しています。

マスク等を廃棄する際の適切な方法を講じています。